自己否定・自己嫌悪 自己肯定感

あなたが自己嫌悪や自己否定してしまう理由(ワケ)。

こんにちは
村松 いさおです。
 

 

自分で自分を嫌う「自己嫌悪」や、自分で自分を否定する「自己否定」は自己価値を下げ、引いては自己肯定感を下げる大きな原因となるものです。

 

さらに、「自己否定や自己嫌悪」をしてしまう自分をさらに自己嫌悪するという、負のスパイラルにも巻き込まれがちに。

 

でも、自己否定や自己嫌悪って、なんでしてしまうかというと、その裏には思いがけない「気持ち」が隠されているものなのです。

 

今日は、そんなお話。題名はラノベ風!

 

 

 

自己否定や自己嫌悪って、ついついしてしまうものです。

 

今はだいぶマシになりましたが、かつての僕は「自己嫌悪製造マシーン」と言っても過言でないくらい「自己嫌悪」「自己否定」しまくってました。

 

「仕事が効率よくできなくて自己嫌悪」

「上司に怒られては自己嫌悪」

「一向にフランス語が上達しない自分に自己嫌悪」

「自分よりも行動力がある友人に嫉妬しては自己嫌悪」

「仕事先の後輩にキレては自己嫌悪」

 

などなど。挙げたらキリがありません。

 

きっと、このブログの読者様にも、思い当たるフシがあると思います。(あるよね!?)

 

でも、この自己否定や自己嫌悪って、なんでついつい(無意識的に)してしまうかというと、その根底には、

「自分はもっと、上手くできる」

「自分はもっと、役に立てる」

「自分はもっと、愛を与えられる」

「自分はもっと、助けになれる」

「自分はもっと、能力が使える」

 

といった

「自分は、よりよい存在でありたい・なりたい」

 

という、「自己成長」「自己実現」の気持ちがあるからだと思うんです。
また、他人との関わりの中で生まれた自己否定や自己嫌悪ならば、やはり同じように、その根底に
 
「自分は、より役に立ちたい・喜ばせたい・幸せにしたい」
 
という、他者幇助の気持ちがあると思うんです。

 

うーん。でないと、そもそも「自分を嫌悪する」「自分を否定する」という気持ちって生まれないと思うんですよねー。

 

だって、「それができようが、できなからろうが、どーでもいい」なら、そんなわざわざ自分を嫌う必要ないじゃないですか。

 

あ、そーいえば、マズローとかロジャースといった、心理学の偉い人たちが「人間はよりよい自分になろうとする力が自然と備わっている」っていう風に言っていたらしいのですが、この事もそれと、関係しているのかもしれません。

他にも、「人間は基本的に善である」という性善説が科学的にも根拠があるみたいですね。

参考図書:『脳はなにげに不公平』 池谷裕二 著

 

うーん。人の心はやっぱり「愛」がベースになっているんだなぁ・・・。(しみじみ)

 

ですので、今度あなたが、ついつい自己否定したり、自己嫌悪してしまった時は、

 

「ああ・・・私って、よりよい私になろうと思ってるんだね・・・」
「私って、よりよく成長しようと頑張っているんだね・・・」

 

と、「自己実現」「自己成長」したいんだなぁと思っている自分自身を、素直に認めて受け入れてあげたらエエよ。

 

そんで、さらに突っ込んだ質問をするのなら

 

「じゃあ、本当はわたし、どうしたかったんだろう・・・?」
「本当はわたし、どうなりたかったんだろう・・・?」
「本当はわたし、何を与えたかったんだろう・・・?」

 

という、「本当は・・・・?」を自分に聞いてみるといいと思います。

 

案外、そこには「本当の自分」の望みや目標なんかが隠れているかもしれません。

 

というわけで、今日はこの辺で。

 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです。

 

では。

-自己否定・自己嫌悪, 自己肯定感

© 2021 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5