自己否定・自己嫌悪 自己肯定感

ついつい「自分を自分で責めちゃう」あなたへ

こんにちは

村松勇雄です。

暑い日が続きますね。

僕が住む関東もそろそろ梅雨入りのようで、またあの雨天、ジメジメとした天気が続くと思うと鬱陶しさを感じますが、ビールが美味しく感じる季節の始まりでもあるので、それはそれで楽しみです。

********************************************

「自分を自分で責めちゃう時」って、結構あると思います。

自分で思うよりちゃんとできなかった。

他人を言葉や態度で攻撃してしまった。

やろうと決めたことがしなかった、出来なかった。

などなど。

「自己攻撃」「自己否定」「自己嫌悪」

その例を挙げたら、日常生活のあらゆる場面で見受けられるでしょう。

中には、その割合や度合いが強く、自分の気持ちや心が自己攻撃、自己否定で一杯の方も、珍しくないのかなと思います。

かく言う、僕も、以前は「自分で自分を責めちゃう病」の慢性罹患者でした。

元が完璧主義なのに不器用なので、自分が出来ない部分、ダメな部分、ちゃんとしてない部分を見つけては自分で自分を責めて、勝手に傷ついて、しかも、それが次第に他者への攻撃にも繋がっていく。そこでまた自分を責めるという悪循環を繰り返していました。

(心理的には奥深い所に「罪悪感」が潜むため、その嫌な感情を感じたくなくて、他者を攻撃することで自分を正当化したり、自己防衛したりすることはよくあります。いわゆる「俺がこんなにダメなのは、オマエラが悪い」現象という、どっかのラノベみたいな名前のやつです)

この「自分のこと自分で責めちゃう」の心理のベースには

・完璧主義

・正解主義

・ちゃんとしなくてはいけない

・良い人間、優れた人間、きちんとした人間でなくてはいけない

・これをしたらダメ、あれをしたらダメ

などの想いがありますが、

さらに見ていくと、その下には

「ちゃんとした自分でないと愛されない・認めてもらえない」

「良い自分、優れた自分、きちんとした自分でないと愛されない・認めてもらえない」

「これをしたら愛されない、あれをしたら愛されない」

という「愛情への渇望」が隠れていることが多いんです。

これは、幼少期の両親やら学校教育、他者からの評価などによって形成されることが多いのですが、ただ、この「自分のこと自分で責めちゃう」パターンを多く持っている方というのは、そのぶん、自立的で、「いい人」(皮肉的な意味でなく、愛情深いという文字通りの意味ですよ)であることが多いんです。

だって、「ちゃんとしたい、良い自分でいたい、きちんとしたい」と思うから、それができないことを「責めちゃう」訳で。

え?遠回しに自画自賛じゃんですって?

・・・まー、そうですな・・・・・・

****************************************

さて、この「自分のこと自分で責めちゃう」のって、別に悪いことではないんですよ。

ただ、「自分にとって、いいことが全くない」ということなんです。

「自己攻撃」「自己否定」「自己嫌悪」って、そこから自分を振り返って、次に活かすのだから、「自分の成長」のためには、良いことなんじゃないの?

という声が聞こえてきそうですが、

「自分で自分を責めちゃう」のと「自己反省」とは違うものなんですよ。

ほら、「自己攻撃」「自己否定」「自己嫌悪」って「感情」の部分ですが、「自己反省」してそこから学んだもの、得たものを次に活かすというのは「思考」のよるものなんです。

だから、ぶっちゃけ、自分で自分を責めなくても、やっちまったことを振り返って次に活かす、自己成長に繋げるということができます。

むしろ、「自分で自分を責めちゃう」ことで自分に自信が持てなくなったり、萎縮してしまったり、自分に価値を感じなくなったら、自分の才能や魅力などを発揮できなくなったりすることが多いので、自分で自分を責めて良いことなんか何もねーって感じなんです。

(まあ・・・・自分で自分を責めて喜ぶ、ちょっとMな感じの方は、ええ、アレかもですが・・・)

じゃあ、どうすれば良いかというと


「ダメな自分、出来ない自分、ポンコツな自分、ちゃんとしない自分にもOKを出す」

ということです。

・それが出来ても出来なくても、あなたの価値は変わりません

・ポンコツでも優秀でも、あなたの価値は変わりません

・ちゃんとしていても、していなくてもあなたの価値は変わりません。

ここが、自分でちゃんと認められるかどうかが鍵になってきます。

あなたの価値は他人が決めるものではなくて、あなた自身で決めて良いんです

おすすめの方法としては、

・何かやらかして、自分で自分を責めちゃいそうになった時には

「ま、しゃーなしだなっ!」

「ま、それが今のわたし(アタシ、オレ、僕)だし、しょうがないよね」

と呟いて、それ以上はストップ!考えない。

をやって見てください。

しばらくすると、何かやらかしても、「自分で自分を責めちゃう病」が次第に治ってきます。もしくは割合が減って来ます。(経験上3週間〜1ヶ月くらい)

ぜひ、やってみてくださいねー。

え?

ダメな自分を認めちゃったら、もっとダメになっちゃうじゃん

ですって?

まあ、そう思うのも無理ないかもですね・・・・

それについては、また次回。

では、今日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました

Salut !!

-自己否定・自己嫌悪, 自己肯定感

© 2020 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5