カウンセリング・セッション

 

新セッション・メニュー準備中につき、現在一時セッションの募集を停止しております。
新しいメニューのつきましては、近日公開の予定です。
しばらく、ご不便をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします

☆ カウンセリングとは

 

クライアント様は様々な悩みを持って、セッションに来られます。その方の今抱えている問題や悩み、苦しい、辛い気持ちや心の内をお話しいただき、丁寧に聴くことで、クライアント様ご自身が自己の心の内を内観し、自分自身と向き合うことによって、問題解決へ向かえるよう導くお手伝いをさせていただくことが、当カウセリングのコンセプトです。

  
「解決のための答えはクライアント様自身が持っています」という見方を私は支持しますが、残念ながら、お一人でそれを見つけることは、中々難しいですし、時間もかかります。

 
心理学をベースにした適切な傾聴や質問をすることで、クライアント様ご本人の中に気づきや感情の変化が生まれ、問題や悩みの解消、あるいは自己変革や人生そのものの変化へと促すことができるのです。

 

いわば、カウンセラーはクライアント様を癒し、支え、共に変化の旅を歩む伴走者のようなものと言って良いでしょう。

 

大きなことでなくても、悩みは悩み

あなたが「ささいなこと」「小さいこと」と感じていても、またあなた以外の誰かがそう感じていたとしても、あなた自身が苦しみ、辛く、しんどい想いを抱えるのならば、それは問題であり、悩みです。
 

また、一見すると「小さい」「ささいな」と感じる問題でも、それを放置することで益々複雑化し、あなたを追い込み、心身に影響を及ぼすようになるケースも珍しくありません。

 

「こんなことを相談してよいのだろうか」と思うようなことでも、気兼ねなくご相談ください。

 

問題や悩みは、あなたの才能(ギフト)

 
問題や悩みは、あなたの幸せや平穏、成功や成長を妨げるものではありますが、それは決して悪者ではなく、あなたの潜在意識や無意識からのメッセージとして当カウンセリングでは捉えています。

 

それは、あなたが本来のあなたから与えられた、自己成長を促すためのテストのようなものかもしれません。問題や悩みをきっかけとして、あなたが変化し、それを乗り越えた時に、あなたはご自身の持っている才能(長所や魅力、個性、得意なことや可能性)に気がつき、人生に変化をもたらします。

 

問題や悩みの解決には癒し、変化、許し・感謝の順番が必要

 

問題や悩みの解決には、

癒し → 変化 → 許し・感謝

の3つのステージがあり、それぞれが必要なものであり、またその順番も大切であると考えています。

 

癒し:

人はある程度癒されてからでないと適切な変化をすることができません。あるいは癒しのない変化は、益々クライアント様を苦しめることにもなりかねません。

 

それは、悲しみや辛さ、不安という海の中で溺れている人に対して「こうすれば、泳げる!もっとこうあればいい」と言っているようなものだからです。溺れている人には、それよりもまず、浮き輪(癒し)が必要です。そうすれば安心・安全のうちにご自身の問題や心の内面に向き合うことができます

 

変化:

変化は問題や悩みを乗り越え、クライアント様が成長するために必要なステージです。いくら感情の解放や潜在意識への理解によって癒されたとしても、クライアント様自身の潜在意識や心の内が変化し、それによって(自然的・自発的な)行動の変化なしなくては、その方の現実生活や人生を変えることはできません。まさしく、「絵に描いたモチ」です。

 
セッションによって、クライアント様がご自身と向き合い、その内面的変化を促すことで、自然と行動や物事の捉え方が変わることをカウンセリングでは目指していきます。

 

許し・感謝:

許しや感謝は最終的なステージです。許しや感謝がなければ、変化によってもたらされた恩恵やギフトに感謝がなく、幸せや満足感を得ることは難しいからです。ただ、許しや感謝は、クライアント様がご自身と向き合い、癒され、変化が起こり、「結果」として感じることでもあり、自然とそのような気持ちになることも多くあります。

 

安心・安全であること

 

セッションでは、クライアント様が安心して、ご自身の心の内や抱えていらっしゃる問題・悩みをお話しいただけるように、「安心・安全」であることが大切だと考えています。

 

:守秘義務

:可能な限りのジャッジやコントロールをしないこと

:否定をしないこと

 

これらをカウンセリング・ポリシーとして、セッションを進めさせていただいております。

 

当カウンセリングの特徴

セッションでは、クライアント様のお話しを聴く傾聴による受容と共感を基本としながらも、心理分析などを元に様々な質問や提案をさせていただく、「提案型カウンセリング」を特徴としています。

 
これにより、クライアント様が様々な「気づき」を得、ご自身と向き合って行かれるようお手伝いをさせていただくことで、クライアント様が抱えていらっしゃるお悩みや問題の、短期的な解決を目指します。

また、必要に応じて、セッションの一環としてイメージワーク(※)を行うこともあります。

 

※イメージワーク:心理分析やお話しいただいた内容を元に、様々なイメージの力を使うことで、潜在意識に働きかけ、抑圧された感情の解放や、内面的変化を促すカウンセリング技法。

 

メニュー

 

:対面

東京都内のカフェやラウンジ、レンタルスペースなどで行います。(場所はお申し込み後にご連絡いたします)

※現在は募集を一時中止しております。「どうしても!」という場合はご相談ください。

 

 

:ZOOM

 ウェブ会議ソフト「ZOOM」を使用して行います。遠隔地の方や対面場所に来られない方、時間を節約したい方などにオススメです。また、どうしてもという場合は、モニター機能をオフにしていただくことで、お顔を隠してのセッションも可能です。(クライアント様の雰囲気、様子、微表情などがわからないため、オススメはしておりません)

※ZOOMの使用方法につきましては、こちらをご覧ください。

(ししょーのページを許可を得て パクって リンクしております)

 

 

対面とZOOMの違い。

基本的に、セッションの効果等については、大きな違いはないと考えています。

 
ZOOMはオンラインでセッションを行うことができるため、移動や準備の手間が少なく、遠方やお忙しい方でも、気軽にご利用いただけるメリットがあります。ただ、パソコンやスマホを使ってのやり取りとなるため、カウンセラー側が、クライアント様の全体的な雰囲気や、対面でしかわからない情報などを読み取りにくいデメリットがあります。

 

また、イメージワークについては、感情や潜在意識を直接扱う側面があり、ワーク後のクライアント様の状態や予後をこちらが直接フォローできないという観点から、現時点では対面のみとさせていただいており、ZOOMでは行っておりません。(一部、軽度のものや、安全性に問題ないものについては、ご相談内容やセッションの流れから行う場合もございます)

 

注意

:20歳未満の方はは保護者の方の同意書が必要となります。

 

:当カウンセリングは医療行為ではありません。心療内科、精神科を受診中の方、または現在精神薬を服用中の方は原則としてお断しております。どうしてもセッションをご希望の場合は、主治医にご相談ください。

 

:現在、妊娠中の方は、原則としてお断りしております。どうしてもセッションをご希望の場合は、同意書が必要となります。

 

:キャンセルの場合は前日までにキャンセルの旨をお知らせ下さい。

 
 

お申し込みの流れ
現在は新しいカウンセリングメニューを準備中のため一時募集を停止しております。
新しいメニューにつきましては、近日、公開いたします

 

© 2022 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5