ちょっとした話し 自分軸・他人軸

ところ変われば・・・

こんにちは
村松 いさおです。

 

「所変われば、品変わる」という言葉があります。
場所や環境が変われば、色々なものが変わるのは、なんとなくわかると思いますが、僕たちの性格やキャラクターなんかも、変わるものなのかもしれません。

 

今日は、そんなお話。

 

 

昔、フランスにしばらく住んでいたことがあったのですが、フランスの方って、まー、よく話すんですよ。
「議論ができること」「話しができること」が、「良い」みたいな風潮というか、雰囲気みたいなのがあって。
もちろん、一枚岩ではないので、人見知りとか、話すのが苦手な方とか様々な方々がいるのは当然なのですが、総じて日本人よりも

 

「話しかけることに抵抗感がない」

 

と思います。

 

その点、東京よりも、関西の方々に雰囲気が似ているかもしれない。

 

例えば、交差点で信号機待ちをしていると、「ちょっと、火貸してくれへん」と話しかけられることが良くあります。(なぜに関西弁)

 
フランス人って、タバコを吸う方が結構多いのですが、なぜか、彼らはライターやマッチを自前で持っていない人が多く、「必要になったら、誰かに借りるからいい」みたいな考えをしています。 

 

で、マッチとかライターとかで火を貸すと、そこから世間話をが始まります。

「最近のパリの様子」
「ここのところの天気」
「今度の選挙の候補者」
「近所の工事がうるさいだのなんだの」

内容は、色々です。

 

話しかけられる方も、ふつーにそれに受け答えして、信号機が変わったら、「じゃっ」とお互い別れる。

 

その他、バス停、駅の売店、カフェの中、電車の中、路上の上、パンを買いに行く途中、エレベーターホール、などなど。

色々なところで、話しかけられます。

 

最初の方は、僕もギョッとして、「え?なんだ?なんかしたか?」と警戒色を出していたんですが、

「それが、ふつー」

だと思っていたら、慣れました。

 

そしたら、今度は逆に
 

「こっちから、見知らぬ人に話しかけても、別にふつー」

 

なことに慣れはじめ、それまで、割と人見知りだったのですが、「見知らぬ誰かに話しかけること」に対して抵抗感がまるで無くなったんですね。

「それが当たり前」の国だし。

 

僕みたいな感じの日本人って割と多くて、それまでは大人しかったり、人見知りしたいた人が、フランスで暮らすようになってから、明るくなったり、オープンになったりするし、また、自己表現ができるようになったり(言いたいことを言わないと、色々不便)、行動力が高くなったり、コミュニケーション能力が上がったりしたという話を良く聞きます。

 

逆に、日本って、「見知らぬ人にいきなり話しかけると、へんな人に思われる」とか、「自己表現が強すぎると、周りから浮く」みたいな風潮があって、中々街中で信号待ちの人に

 

「なーなー、火ぃ、貸してくれへん」

 

と、ふつーに話しかけることに、みょーな抵抗がありません?(大阪のおばちゃん除く)
まー、人にもよると思いますけど。

 

あ、他にもこれは、女性限定なんですが

 

「日本で、まるでモテなかった女性が、フランスに来てからやたらモテる」現象

 

なんかもあってですね。

 

どうもフランス人男性にとっては、アジアの、それも日本人女性はエキゾチックな感じがして、優しいイメージがあるようで、人気なようでして。

なので、フランスにいた時、「私、日本で全然モテなかったんですよー。魅力ないんですよー」という女性の友人がいた時は、

 

「クラブに連れて行っって、とりあえず、一人で放置する」

 

なんてことやって、自信をつけさせたりしてました。ほぼ確実にナンパされるんで。
(もちろん、危険もあるので、僕らは付かず離れず監視して、ヤバそうに時には間に割って入ってましたが)

 

それで、フランス人男性と知り合って、結婚した人もいるので、世の中わからんもんです。

 

ま、ようするに何を言いたいかというと

 

「あなたが自分で思っているキャラクターや性格って、周りの環境や場所によって決定されているだけで、実はあなたの本質的なものではないかもしれない」

 

「性格やキャラクターって、変わるし、変えられるよ。」

 

ということです。

 

「私は暗い」
「私はコミュニケーションが苦手」
「私は怒りっぽい」
「私は優柔不断」
「私は愛想がない」
「私はネガティブだ」
「私は自己表現でが苦手だ」

 

などなど、あなたが「はぁ・・・、なんでアタシ、こんな性格なんだろう」と、思っている性格やキャラクターは生まれつきや本能的なものだけでなく「その環境や状況に合わせるために、あなたが後天的に無意識的に身につけたもの」である可能性がある。

 

だから、その環境や場所を変えたり、その選択をやり直したり、その変化に対する抵抗感や障害を取り除いたりすることで、より「自分らしい自分」「自分がなりたい自分」のキャラクターや性格に変化することが可能ですよーということです。

 

現に、あれだけフランスで「見知らぬ人に話しかけることに何も抵抗なかった」僕ですが、日本に帰って来て、「へんな目で」みられたり、ナンパや勧誘と誤解されることが多くなり、しばらくすると
「話しかけることに抵抗感がバリバリ出る」チキンで人見知りな性格に戻りました。

 

え?・・・単に、僕が怪しそうに見えたから。・・・ですって?

 

その可能性も・・・・なくはない。・・・・というか大きい。(泣)

 

もちろん、性格や気質は遺伝的要素もあるので、必ずしもあなたの全ての性格やキャラクターが変えられるかといえば、そうではないのですが、

 

「こんな、私なんて!」

 

と思っている、あなたは、それが本質的な自分ではなく、単に「場所や環境」によって、影響を受けているだけの場合もあるよ。というお話です。

 

 

うーん。僕の次の課題は「見知らぬ人に話しかけて、変な目で見られても折れないハート」ですかね・・・・。

 

 

というわけで、今日はこのへんで。

 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです。

 

では。

-ちょっとした話し, 自分軸・他人軸

© 2021 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5