ちょっとした話し

「自分でわかっていても、人から言われると腑に落ちやすい」

こんにちは。

村松 勇雄です。

 

先日、カウンセリングを受けた時に、ちょっと思ったのですが、

「自分でわかっていても、人から言われると腑に落ちやすい」

ってことってあると改めて思ったんですよ。

えっ?当たり前じゃんですって?
まー、よくあることなんですけど・・・

改めて、考えてみようと。

で、例えば、友人、知人、カウンセラーとかに「ちょっと、聞いて欲しいんだけど」って悩みとか相談するじゃないですか。

「最近、彼氏がー・・・」とか。

「会社の人間関係でー・・・」とか。

「いやー、自分、何やりたいかわからなくってー・・・」とか。

それで、その相談相手の方も、色々な答えを返してくれると思うんです。

「あー。それ、浮気じゃなーい・・・?」とか。
「あー。上司に父親を投影してるのねー・・・」とか。
「まー、好きなことやればいいよー・・・」とか。

(2番目がやたら専門的なのは、置いておくとして)

 

その答えを聞いた時に、

「やっぱりね。」

っていうこと、割とよくあると思うんです。

 

「あー、自分でも、薄々、なんとなくわかってたんだけど、やっぱりそこかー」とか。
「痛いとこ突かれたけど、やっぱりアタシ、ファザコンかー」とか。
「まー、気づいいたけどなー」とか

(2番目がやたら拗らせ気味なのは、たぶん気のせいです)

 

それで、その「やっぱりね」って思った時に、「言われて良かった」とか「言われて痛い!」とか「そんなことねーよ!」とか色々あると思うんですけど、大事なのは、

 

「自分でわかっていても、人から言われると腑に落ちやすい」

 

ということだと思うんですよね。

「腑に落ちる」まではいかなくても、納得感。というか。

自分自身が「納得」する感じが、全然違う。

 

だから、例えばこのブログでも、カウンセラー界でも

「あなたには、あなただけの素晴らしい魅力や才能がありますよ」

みたいなことって、割とよく聞くと思うんです。

「それに気づいてないだけで、それって十分、才能ですよ」みたいな。

それで、「あー、そうかー」とか思って、一生懸命、「魅力の探し方」とか「才能の見つけ方」とか調べて、実践して、「あー、アタシのここって才能かもー」とか「魅力かもー」とか思ったとしても、なんか決め手に欠ける。みたいなことって、ありませんか?

「そうは思ったけど、本当に?」みたいな疑いが出てきてしまう。

「その時は、そう感じたけど、本当にそうなのか?」と不安が出てきてしまう。

 

これって、やっぱり、人は自分のことをどこかで「信じきれてない」からだと思うんですよね。

「自分自身が一番よく分からない」というか、そう思い込めばいいんだけど、思い込みきれないというか(この辺実はもう一つ、「正解主義」も混じってるんだと思うですけど、長くなるのでまた今度)。

それで、友人、知人、カウンセラーとかに「ちょっと、聞いて欲しいんだけど」って相談してみて、

「やっぱり、〇〇ちゃんのココ、すごいと思うよー」とか。
「〇〇さん、問題の影に才能があるって、わかります?」とか。
「〇〇さんの、そこにシビれる!憧れる!」とか

(2番目が・・・・あ、もう、いいですか・・・?)

 

そんなことを言われて、ようやく

「ああ、やっぱりね」って思えると思うんです。

「ああ、アタシもそこが自分の魅力とか才能とか薄々思ってたけど、やっぱりね!」って。

うーん・・・。自分で思ったり感じたりしたことと、人から聞いたことの納得感とか安心感って、やっぱり違うと思うんですよねー。

 

ただ、これ「他人の言葉に左右される」という見方をしちゃうと、思いっきり「他人軸」な思考なので、「それを聞いて、どう感じるか」という注意が必要なんですけどね。

だから、「他人からの言葉を自分軸で捉える」って、すごく大事なことだと思います。

 

あ、これ別に、「そう感じきれない、思えない、自分がだめだ」ということではなくてですね。

この前もお話したように、僕らの脳ミソには「恒常性」という性質があるので、新しい考え方をインストールする時に、ついつい不安や、疑念などのネガティブな「思考」が出てきてしまうもののようでして。

だから「ああ、そう思えない自分は、まだまだ自己肯定感足りないんだー。だめなんだー」とか思わずに、「そういう性質があるらしい、人間には」と捉えてくださいね。

 

それで、人って「納得」したり、「腑に落ちる」ほど、前向きに進みやすかったり、自分の考えに落とし込みしやすかったりするので、やっぱり、「納得感」って大事なだなと思うわけです。

 

結局、何が言いたいかというと、

「自分でもわかってるようなことでも、不安なことがあったら、人に聞いてみるといいよ」

ということでして。

特に、カウンセラーは基本、「クライアントを応援することしか言わない」ので、カウンセラーにも色々聞いてみるといいよ、そうすれば「そんなことわかってるよー。みたいなことでも、言われるとやっぱり納得しやすいよ」ということですね。

 

・・・・え?

・・・・結局、壮大な 宣伝じゃん  ですって・・・・・?

ま、まあ、そうなりますかね・・・・・・。

 

というわけで、モヤモヤ感を残したまま、この辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

Salut !!

-ちょっとした話し

© 2020 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5