ちょっとした話し 自己肯定感

ゆく年を受け取る。

こんにちは
村松 いさおです。

 

大晦日の今日は、一年の締めくくりにふさわしい日。

 

年越しの準備やら忘年会やらで忙しいでしょうが、

少しの時間でも良いので、この一年を振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

今日は、そんなお話。

 

きっと、アナタにもこの一年の思い出ってあると思うのです。

 

良かったこと

悪かったこと

楽しかったこと

嬉しかったこと

頑張ったこと

悔しかったこと

笑ったこと

ムカついたこと

振り返ってみれば、色んなことがあったと思います。

 

僕はといえば、

この一年はやはりコロナに振り回されましたし、逆に自分の道筋が見えてきた一年でした。ブラックいさおも爆誕したし。笑。

 

は?婚活?

なにそれ?おいしーの?怒涙。

 

僕にとっても、あなたにとってもも、良きにしろ悪きにしろたくさんのことがありましたが、そのどれもが

 

あなたが、今、生きているからできたこと。

 

だと思います。

 

ポジティブなことだけでなく、ネガティブなことも含めて、ちゃんと生きている証です。

 

ですから、この一年を振り返って、その一つ一つをちゃんと受け取ってみましょう。

 

「ああ。この時の私、頑張ったなあ」とか

「こんだけ、私、嬉しかったんだ」とか

「悔しい思いをしたけど、そのおかげでやり切れた」とか

「あん時ムカついたけど、よくやったなぁ」とか

「私、すごくね?」とか

「楽しかった!あの人がいてくれて良かった!」とか

 

ポジティブなことはもちろんのことですが、ネガティブに感じたことも、

それを乗り切った自分、それにちゃんと向き合った自分に対して、

 

ちゃんと労う。

ちゃんと褒める。

をしてあげてください。

 

人は、「どーでもいいこと」にはネガティブ感情ですら湧かないものなので、あなたの中に少しでも何らかの「感情」が沸くということは、それが良いことにしろ、嫌いなことにしろ、あなたにとって「見過ごせない」ものだったりします。

 

そして、この一年がどのような一年にしろ、今、あなたは少なくとも生きているはずなので(え?そうだよね?でないと、かなりホラーなんだが?、その「生きていること」をじっくりと味わってみてくださいね。

 

今年一年の自分を

 

ちゃんと労う

ちゃんと褒める

ちゃんと感謝する(自分自身に)

ちゃんと味わう

 

そして、来年はどんな年にしたいか、考えてみましょう。

 

一年のまとめとして。

 

たまには、こんなことを考えてみても良いのではないでしょうか。

 

といわけで、今日はこの辺で。

 

この一年、読んでいただきありがとうございました。

 

では、良いお年を!

-ちょっとした話し, 自己肯定感

© 2022 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5