自己肯定感 落ち込んだ時

「クリぼっちで寂しい・・・」と感じてるあなたへ

おっす!
村松 いさおだ!

 

みんな、元気にしてっか?

 

なに?クリスマスに一緒に過ごす人がいなくて、寂しい・・・・
だと?

 

でーしょーぶだ!

 

オレも、一人だ!

 

あなただけじゃないぞ、「クリスマスに一人ぼっち=クリぼっち」は。

 

オレも、あなたも、クリぼっちの方はみんな仲間だ!

 

でもな、やっぱり、寂しいとか羨ましいって気持ち、あると思うから、そんな時やってみて欲しいことがあるんだ。

 

今日は、そんな話だぞ。

 

  

クリぼっちで寂しいとか、一緒に過ごす人がいて羨ましいって思っている、そこのアナタ。

 

わかるぞ。オレも、今シングルでクリぼっちだ。

 

というか、クリスマスは、いつもシングルで過ごすことが多くて、割とクリぼっち率高いし、なんなら割とマジで

 

「リア充、ば◯はつすればいいのに!」

 

って思ってたからな。この時期は。

 

 

そんな、あなたにやってみて欲しいことがあるんだ。

 

まずな、

 

「クリぼっちで寂しい」

「クリスマスなんて響きが虚しい」

「リア充、羨ましい」

 

とか、そんな気持ちがあったら、それを認めろ。そして、ちゃんとその寂しい、虚しい、羨ましい、ムカつくとかの感情を感じるんだ。

 

「あー。私寂しなー」

「あー、羨ましいなー」

「ほんと、ムカつくわー」

 

とか、ちゃんとその感情が自分にあることを認めて、感じろ。

 

なんなら、声に出して呟いても効果的だぞ。

 

それでな。

 

次に、頭の中で、

 

「この人には、幸せになって欲しい」

「この人が笑顔になったらいいな」

っていう人を思い浮かべろ。

 

誰でもいいぞ。

 

家族でも、子供でも、友人でも、職場の人でも、昔のパートナーでも、片思いの人でも、ちょっと仲のいいショップの店員さんでも、美容師さんでも、酒屋の人でも、なんなら、世界中の人とかでも、すでに故人となった人でもいいぞ。

 

思い浮かんだか?

 

「誰もいねー・・・・」っていう人は、強制的に誰か思い浮かべろ。「強いて言えば・・・・」でいいぞ。

 

そしたらな。

 

その人のために、祈れ。

 

その人に向けて「愛の祈り」を捧げろ。

 

「愛」っていうのは、「好き」とかでもいいけど、それだけじゃなくて、

 

「幸せであるように」とか

「笑顔でいるように」とか

「応援しているよ」とか

「頑張って」とか

「健康であるように」とか

「平安であるように」とか

「うまくいくように」とか

「いつもありがとう」とか

 

そーゆーポジティブな祈りだぞ。

 

祈ったか?
なんかのついでとか、「ながら」とか、テキトーにじゃだめだぞ。

割と、マジでやれ。ちゃんと祈れ。

 

そしたらな。これは、「できれば」でいいんだけど。

 

それを、祈るだけじゃなくて、その本人にも伝えろ。

 

今、えーーっ!?って思った、そこのあなた。わかるぞ。
恥ずかしいし、照れ臭いし、変に思われたらどうしようって思うし、今更?って思うし。

 

でも、ここは、ちょっと勇気を出して頑張ろう。
上で「できれば」とか書いたけど、割と本当にやってみて欲しい。これは。

 

「愛」や「応援」や「感謝」や「幸せ」「笑顔になってほしい」「楽しんで欲しい」「健康でいて欲しい」を言葉に出して伝えろ。もし相手が故人の場合は、写真とか、その人のイメージに向けて声に出して伝えてもいいぞ。生きているなら本人にだ。
 
「好き」

「頑張って!」

「応援しているぞ」

「ありがとう」

「出会えて嬉しい」

「幸せになって欲しい」

「笑顔でいて欲しい」

「健康でいてね」

「一緒にいてくれて感謝してるよ」

 

ここでもテキトーはダメだぞ。ちゃんと心を込めて、きちんと伝えるんだ。

 

「いつもありがとう」

 

だけでもいいぞ。

 

もちろん

 

「ん?どうした。急に?なんか拾い食いでもしたか・・・?」

 

みたいな顔をされたり、驚かれたりすることもあるかもしれないが、気にするな。でーじょーぶだ。

 

言われた相手は、絶対悪い気はしてないから。むしろ、嬉しいから。

 

それに、今日は神様の誕生日だから、それくらいはしてもいいだろう?

(あ。「あの方」の取り扱いについては、宗教・宗派によって色々あるけど、面倒なので省きます)

 

それでな。

 

それを言ったら。

 

言った後で、あなたの中で広がる何かがあるはずなんだ。

 

あるいは、相手から何か返ってくるかもしれない。それは笑顔だったり、言葉だったり、態度だったりするかもしれない。ポジティブな何かだ。

 

そしたら、それをちゃんと受け取れ。

 

そうすると、同じようにあなたの中で胸に広がる何かがあるはずなんだ。

 

それは

あたたかかったり、

熱かったり、

フワフワするものだったり、

こみ上げてくるくるものだったり、

明るいものだものだったり

優しいものだったり

嬉しくなるものだったり

 

そんなものが、あなたの中で胸に広がったら、それをちゃんと受け取れ。ちゃんと味わうんだ。ちゃんと感じろ。

 

そしたら、ほら。

 

もう寂しくないし、虚しくないし、羨ましくもないだろ?

 

世界はそれを、「愛」と呼ぶんだぜ。(ドヤァ)


(パクリじゃないぞ、オマージュだ)

 

***

 

僕たちは、人との繋がりが切れてしまった時に

 

寂しさや孤独感、虚しさを感じます。

 

でも、あなたが、自分からそれをもう一度結んでみようとすれば、あなたは一人ではなく、誰かとの繋がりが自分にもちゃんとあることを思い出すでしょう。

 

それは、あなたにとってはもちろん、その相手にとっても、最高のプレゼントになるのです。

 

 

というわけで、今日はこのへんで。

 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです。

 

メリークリスマス!

 

では、また。

-自己肯定感, 落ち込んだ時

© 2022 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5