心の学び 恋愛・パートナーシップ

【男性向け】「女性をありのままに受け入れましょう」とはどういうことか

こんにちは

村松いさおです。

 

前回、前々回と、「女性の相談は解決するな、共感しろって言われてもわからんちー」という世の(主に)男性に向けて

 

「共感とはどうすれば良いのか」
「理解するとはどういうことか」

 

について、書いてみました。

 

あ、ちなみにこれ、僕の個人的見解ですので、これが唯一の正解というわけではありません。世の中には「正解」はいくつもあるものです。

 

さて、今回は、第3弾といたしまして、

 

「受け入れる=受容」

 

について書いてみようと思います。

 

ま、おそらく今回が最難関の壁ではあるんですが・・・・

 

その壁を超えて来いっ!!

 

今日は、そんなお話っ!!

 

 

女性の話や相談を受け入れるにはどうすれば良いか。

 

実は、答えは単純です。

 

「素直にありのまま受け入れる」

 

です。(ドキューーン)

 

なんじゃ!そりゃっ!!

 

と、思われるかもしれません。しかし、一見簡単そうに見える、この

 

「そのまま受け入れる」

 

ですが、これが最大級に難しい。

 

正直、これを書いている僕も、まだまだ未熟だと感じています。

 

 

「え?受け入れるんでしょ?フツーに、フンフンって聞いていればいいんじゃないの?」

 

という声が聞こえてきそうですが。

 

甘い!チョコラテのように甘い!(ドルドーニさん、好きだったな。)

 

なぜ難しいかというと。

 

相手と自分は違う人間なんです。

 

大切なことなので、もう一度書きます。

 

相手と自分は違う人間です。

 

ですから、「ありのままを受け入れる」とは

 

・コントロール(相手を思いとおりにしたい、してほしい)

・自分のニーズ、欲求

・判断(ジャッジメント)

・比較や競争

・先入観

などを手放す必要があります。

 

なぜか。

 

相手と自分が違う人間である以上、当然、持っている価値観や観念(思い込み)が違ってくるからです。

 

ここを理解することが大切です。

 

 

***

 

僕たちは、生まれてからこれまで生きてきた人生の中で、様々な出来事や経験(この経験というのは、心の中での思ったこと、感じたこと、経験=内的経験と、刺激や出来事を通じた経験=外的経験が含まれます)を通じて、様々な

 

観念(あるいは思い込み=信念=ビリーフと呼んだりもします)


価値観

 

を創造し、これを抱えながら普段生活しています。(価値観も観念に含まれるので、ここでは一緒にします)

 

この観念は、普段から意識できるものもあれば、潜在意識や無意識の領域にあり、気がつかないものまで、沢山あります。

 

当然、一つの観念がポジティブに働く場面もあれば、ネガティブにはたらく場面もあります。

 

例えば、

 

「仕事は真面目に、しっかりやらなくてはいけない!」

 

という観念を持っている人がいます。

 

ポジティブに働けば、効率的に業務も捗り、仕事ができるようになり、周りからの評価も高まるでしょう。

 

でも、ネガティブに働けば、ちょっとの休憩や雑談も許さない、業務に厳しく、融通の効かない性格と捉えられてしまうかもしれません。人間関係もギクシャクするでしょう。

 

こうした観念を、僕たちは数万から数十万持っていると言われています。(たぶん。← をいっ)

 

こうした観念は自然に創られ、出来上がってしまうものですが、

 

当然、相手と自分は違う存在なので、相手は違う観念を持っています。

 

「相手をありのまま受け入れる」とは、そうした観念の枠組みを超えて受け入れる必要があります。

 

例えば、

 

いつも、デートの場所に遅刻してくる彼女がいるとします。(今回は主に男性向けだからね)

 

あなたは、当然、遅れないように準備をし、計画を立て、デートの待ち合わせ場所で彼女を待ちます。

 

ところが、彼女は少しも悪びれた様子もなく、待ち合わせ場所に遅れて来ます。

 

最初は、「まー、仕方ないか。女性の支度は時間もかかるし」と、優しく受け入れていたあなたですが、それが毎回続き、遅れる時間も少しずつ延びるにつれて、不満がたまり、イライラが募り始めます。

 

そして、それがマックスになった時、あなたはついに彼女に言い放ちます。

 

「あのさー、毎回、遅れて来るって、どういうこと?」

 

でも、ここでストップが必要です。

 

「毎回、デートに遅れてくる彼女」

 
その彼女をありのままに受け入れるとは

 

「この人は、毎回デートに遅れてくる人である」

 

ということを、一度は受け入れる必要があるということです。

 

ここで、「いや、でも、遅刻は良くないよ」という、あなたの気持ちはよく分かります。
というか、それが、社会常識であるという見方もあるでしょう。

 

でも、それは「あなたの中の社会常識であり、あなたの価値基準=観念を基に、判断(ジャッジメント)している」に過ぎません。

その価値基準が、その社会において多数を占めるとしても、なお。です。

 

彼女の中には、別の「価値基準=観念」があるのかもしれません。

 

例えば、彼女は海外暮らしが長く、時間に対して大らかなのかもしれません。(マジで、フランスでは30分の遅刻は遅刻と考えていない方も大勢います。・・・状況、人によりますが。)

 

あるいは、大好きなあなたの為に、毎回服装選びに時間がかかっているだけなのかもしれません。(いじらしい・・・)

 

あるいは、焦らしプレイが好きなだけなのかもしれません。

 

「ありのままに受け入れる」とは、

 

「その人は、そういう人」ということを一度は受け入れてみることが大切。ということです。

 

 

ね?おそろしく難しいでしょ?

 

 

え?じゃあ、ムカついても許せってこと?

 

という声が聴こえてきそうですが、ここで大切なのは

 

「一度は」受け入れる

 

ということです。

 

「相手はそういう人」というのを「一度」受け入れた上で、

 

「そのうえで、じゃあ、どうするか?」

 

については、あなたにも自由な選択権があります。

 

「いやいや、やっぱり許せんわ」

 

と、なってもいいし、

 

「じゃあ、その観念を手放そうか」

 

と、なってもいのです。

 

「相手をありのまま受け入れる」とは、相手の言うなりになる事ではなく、また相手に服従することでもありません。(それは奴隷です。まぁ、そういうプレイもありますが・・・)

 

***

 

観念や価値基準は、とても大切なものではあります。

 

社会的秩序や、躾け、自己防衛、他人との関わり、将来の予測などなど、僕たちが日常生活を送る上で、無くてはならないものです。

 

ところが、他者との関わりにおいてだったり、自分が生きていく上で、多くのすれ違いや誤解、軋轢や衝突の原因となるのも事実です。

 

では、どのようにしたら良いか。

 

大切なのは、自分の価値基準や観念が、それが単なる

 

「観念」

 

であり、絶対的なものではないということ。

 

そして、それは

 

「一人一人違うもの」

 

であるということを、きちんと認識しておくことです。

 

その上で、必要なものは残せば良いし、必要がなくなれば手放したり、書き換えたり、緩めたりすれば良い。

 

・コントロール(相手を思いとおりにしたい、してほしい)

・自分のニーズ、欲求

・判断(ジャッジメント)

・比較や競争

・先入観

 

を持ってしまうのは、仕方のないことですが、それが自分の心の中に出てきたときに

 

「あ、コントロールだな」
「これって、自分のニーズだな」
「ジャッジしようとしているな」
「また、比較しちゃったよ」
「これって、俺の先入観かもな」

 

という、認識を持っておくことも大事です。(同時に、それを使って自己攻撃しないことも大事です)

 

 

また、相手を理解する上でも、役立つものとしては、

 

相手が「そうなったのは、そうなっただけの理由がある」

 

という見方があります。

(多くの場合、それは過去の心の傷やトラウマ、経験が基で生まれる自己防衛だったりします)

 

相手の言葉や行動、思考、感情の背景にあるものに対して思い巡らせることによって、相手を「受け入れる」余地(スペース)が自分の中に生まれます。

 

 

これは、僕個人の見方ですが、

 

「人間は本来、(無意識的に)より良い存在になろうとする」

 

と思っています。
 

ですので、

 
「なぜ、この人は、こんな言動をするのだろう」
「なにがあって、この人はこんな言動をするのだろう」
「どんな意図があるのだろう」

 

という風に考えることは、相手を「ありのまま受け入れる」という点において、とても大切にしている見方でもあります。

 

 

余談ですが、こうした見方は、僕らがカウンセリングやセラピーをするときに、非常に重要なものとなります。

 

なぜなら

 

「相手を受け入れられない=何らかの拒否反応が出るということは、自分の中に癒されていない何か(観念)があるからだ」

 

とも言えるからです。

 

もし、自分の中に「他に好きな人が出来た」と言われて、パートナーと別れた傷がまだ生々しくあるとしたら(←お前のことか!というツッコミはさせて置き)、

「他に好きな人が出来たので、相手を振ってしまいました」という方や、「浮気をしてしまいました」という方の相談に、ちゃんと冷静に向き合って、対応できない可能性があります。

 

ですので、僕らカウンセラーやセラピストは、人の心の傷を癒すのと同時に、自分の心の傷を癒すことも、とても大切になります。

(ということを、ししょーからゴリゴリ教わりました)

 
まー、完璧に癒されることは人間である以上、到底不可能だと思うので、その都度「あ、こんな傷があるかもな」ということに気づいていくしかないのですが・・・・。

 

とはいえ、ここに書いたのは、あくまで「理想」であり、「相手をありのまま受け入れる」とは、本来メチャクチャ難しいんだぞ!ということがお分かりいただけましたでしょうか。

 

ですので、

 

「ありのままを愛して欲しい」やら「君のありのままを愛するよ」

 

やら、ドラマのセリフや歌の歌詞でみたりすると

 

おいおいおい・・・まじか・・・すげーな。

 

と僕なんかは思うわけです。(たぶん、こーゆーところが、モテない理由なんだろーなー・・・)

 

しかしながら、「理想」とはいえ、千里の道もなんとやら。

 

亀の歩みに等しかろうが、ダイヤルアップ接続くらい遅々としてようが、

 

少しずつで良いので、大切なあの人のため、そして、自分自身のためにも

 

「相手をありのままに受け入れる」

 

を実践してみようではありませんか。

 

・・・・え?・・・やだ・・・?・・・・難しい・・・?

 

でーすよーねー・・・・・

ま、僕は中々出来る気がしないのですが。

↑ おいおいおい・・・・

 

 

というわけで、今日はこの辺で。

 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです。

 

では、また。

-心の学び, 恋愛・パートナーシップ

© 2022 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5