無料相談「ココロノマルシェ」

【お悩み相談】結婚に対する焦りは、「今」を見つめることと「自分軸」を取り戻すことで解消できる。

こんにちは

村松 勇雄です。

5月5日(祝)に開催する「オンライン・スナック」、早くも残席3席となりました!

せっかくの連休なのに、外出自粛で「おこもり」している貴方の、不安なこと、不満tなこと、ストレス、お悩み、人生相談、愚痴などなど、スナックのママ&マスター(という設定)の心理買カウンセラーにお話ししてみませんか?

「ワシ、ふつーにおしゃべりしてーんじゃ!」の方もお待ちしております!

無料お悩み相談「ココロノマルシェ」にいただいたご相談に回答しました。
本日のお悩みはこちらです。
「ココロノマルシェ」について、並びにご相談の受付はこちらにて

結婚に焦る】

私は今31歳で、夏で32歳になる女です。

周りがどんどん結婚出産をしていくなか、私は彼ともうまくいかず、どうしたらいいかわかりません。

焦りばかり募ります。

仕事は楽しいし、家族は大好きで毎日とっても幸せです。

でも、わたしの夢は自分の家庭を作り、子供や旦那さんと幸せな時間を過ごすこと。

仕事もしたいです。そのために今働き方を変え、将来家庭と両立できるようにするために自宅での仕事もできるように切り替えて行っています。

ただ恋愛がうまくいかないんです。

そんな自分も嫌だし、今すごく幸せなのにそれにまだ足りてないと思う自分もどうかと思うのです。

でも心から誰かを愛したいし、愛されたい。

ただ周りが結婚してるからわたしも結婚しなきゃ!羨ましい!周りからあの子は結構できてないと思われたくない、そういう気持ちからなんとか相手を探そうとしてるような気もします。

もうどうしたらいいかわかりません。

付き合っても、結婚するならこの人のここは無理だなーとかそんな目線で見てしまうからうまくいかないのでしょうか。

甘えたいのに甘える人がいなくてとても寂しいです。

焦りで心が折れ押しつぶされそうです。

ふーさん

ふーさん。こんにちは。
ご相談いただいてありがとうございます。

結婚に対して、焦る気持ち。

僕も良く分かります。
僕はすでに40代前半ですが、結婚歴がないので、ふーさん同様、焦っていた時がありました。

結婚している周りの友人たちと比較したり、仲良さそうに歩いている夫婦を見ると「羨ましいなー」と感じたり、「リア充!爆◯すればいいのに!」思ったり(笑)、ネットで「結婚 40代男性 できない」と検索しまくってましたね(笑)。

結婚できない自分が、すごく惨めに感じたり、「私は選ばれない存在」と自分がとてもちっぽけで価値のない存在だと感じてしまったりされているかもしれません。あるいは、言いようのない寂しさを感じたり、「ずっとこのまま一人だったらどうしよう」と不安を抱えていらっしゃるかもしれません。

まずは、そんな不安を抱えている自分に対して、「不安なんだね」「焦るよね」とその気持ちを否定せずに、認めてあげてくださいね。そんな風に感じる自分を受け入れてみましょう。

さて、ふーさんは、
>わたしの夢は自分の家庭を作り、子供や旦那さんと幸せな時間を過ごすこと。
>でも心から誰かを愛したいし、愛されたい。

と書かれていることから、とても「人を愛したい」「自分の存在や力で、パートナーさんや家族を幸せにしたい」という「とても大きな愛の持ち主であり、かつそれを与えられる方」だと感じたのですが、いかがでしょうか?

>そんな自分も嫌だし、今すごく幸せなのにそれにまだ足りてないと思う自分もどうかと思うのです。

ただ、同時に強い自己否定があり、「今、仕事も家族関係も良好で幸せなのに、これ以上の幸せを求めなんて、おこがましい!」と自分自身に

「私は、その幸せを求めるにはふさわしくない」

と、どこかで思われてるのかなと思ったのですが、いかがでしょう?

また、
>私は彼ともうまくいかず、どうしたらいいかわかりません。
>結婚するならこの人のここは無理だなーとかそんな目線で見てしまう

とのことですが、どのように「うまくいかない」のでしょうか、なぜ「ここは無理だなーとかそんな目線で見てしまう」のでしょうか。この辺り、実際のセッションでは、過去の恋愛遍歴やら男性関係やらを探ってみたいところではあります。

ただですね。
「結婚するならこの人のここは無理だなーとかそんな目線で見てしまう」のって、割と普通のことのような気がするのですが、いかがでしょう?結婚って、この先何十年も一緒にいる(予定!)の関係なのですから、誰でもウェルカム!なわけではないと思うんですよね。
よっぽど「条件がガチガチ」なら、手放していく必要があると思うのですが、そうでないなら、「そんな風に感じる自分はだめだ!だから結婚できないんだあ!だあ!だあ!」と自己攻撃する必要もないと思うんだけどなー・・・

さて、文面から

>焦りで心が折れ押しつぶされそうです。

と不安感から来る焦燥感がかなり伝わってくるのですが、ふーさんにお伝えしたいのは、

「焦って求めた結果は、ロクなことにはならんぜよ!」ということと、
「自分でコントロールできることだけを、やりましょう!」

の2つです。

だってねー。焦って結婚したとしても、その先、人生は続くわけで。
急いで捕まえた結果、ロクな男じゃなかったら、その後が大変ですよ?

というわけで、なぜ、不安になるのか?どんな不安があるのか?なぜ、不安になるのか?
ということをに対して、一度、じっくりとご自身と向き合ってみてもいいかもしれません。

「不安」という感情は、「まだ確定していない未来の出来事に対しての感情」です。「まだ実際に起こる決まったわけではない」んです。起こるかもしれない、起きたらどうしょうということに対して、僕たちは「不安感」を感じます。そういう意味では「不安は幻想」であるといえるでしょう。

おすすめの方法は「紙に書く」です。
普段、頭の中でグルグル巡っている思考を、紙に書くことで客観的に眺めれるようになります。

20分間など時間を決めて、結婚に対して、焦っていること、不安に思っていること、羨ましいと思うことなどを徹底的に紙に書き出します。殴り書きでも構いません。ポイントは、「もうこれ以上、出てこない」と思うまで、徹底的にです。

その後、紙に書いたことについて

「これって本当にそうなの?」

「これって、本当に起こると決まったことなの?」

「例外はないの?」

と考えてみてください。

例えば、「もう、31歳だし、このままでは年齢が理由で結婚できない」という不安が出てきたとします。

でも、それって本当にそうでしょうか?

40、50代で素敵なパートナーを見つけて結婚した方はいくらでもいます。(あ、僕はこっちに賭けてます。)

例えば、「でも、出産のことを考えると不安になる」という焦りが出てきたとします。

30代、40代で元気で健康なお子さんを出産された方も一杯います。

そうやって、一つ一つ、検証していくと、意外と「まだ起きていない、起こると決まったわけではない」ことに対して、不安になってるんだなーということが分かります。それは、まるで

「明日、空から隕石が落ちて来るかもしれない」と思っている人のように。

「豚骨醤油、背脂増し増しなんて食べたら、一生お嫁にいけない」と思っている人のように。

そうして、紙に書いて客観的に見ることで、だいぶ不安感とか焦りとかが静まってきます。

※あ。これ、定期的にやるのがオススメです。僕らの脳はネガティブに反応するようになているので、放っておくと、すぐに不安や焦りの思考が頭の中をグルグルし始めます。

それと同時に、「自分でコントロールできることだけをやる」すなわち、「自分軸」から物事を見つめてみましょう。

残念ながら、「理想の相手との出会い」も「付き合う相手の行動、思想、価値観、嗜好など」は自分でコントロールすることができません。それは、「神様」だったり「相手」だけがコントロールできることだからです。(「出会いの場」や「出会いのチャンス」を増やすことは、自分で出来ますが、実際にそこで「理想のパートナー」に出会えるかは、コントロールできませんよね・・・?)

「自分が出来ること」と「できないこと」の間に線引きをして、自分が出来ることに対してのみ、注力してみましょう。

1.「今の自分は幸せだけど、もっと幸せになっていい」と許可を出す。

2.「理想の相手像」を50個紙に書く。これは、欲望欲求全開でやってください。「こんなヤツいねー」とか「いたとして、私にはふさわしくなーい」と思わず、遠慮なしの全開です!え?足りない?じゃあ、100個

3.「私が理想の結婚ができる理由」を50個探して紙に書く。自分でやってもいいし、信頼できる友人、家族に聞いても良いです。優しい、向上心がある、料理が作れる、掃除が上手、床上手などなんでもいいです。

4.「私と結婚する(付き合う)男が幸せである理由」を50個探して紙に書く。これも、自分でやってもいいし、人に聞いても構いません。料理を作ってもらえる、ふーさんといることで笑顔にしてもらえる、一緒に映画が見られる、旅行に行ける、床上手(2回目!)など、これもなんでもいいです。

5.ここから実践編です。2で書いた「理想の結婚相手」にふさわしい女性ってどんな人だろう?とイメージしてみてください。出来る限り具体的にです。紙に書くと効果倍増です。

この時、「いや・・、私こんなんじゃないしなー」と「今の自分」と比較して自己否定、自己攻撃しないこと。

6.はい。5で書いていただいた「ふさわしい女性像」は、ふーさんです!正確に言えば、「ふーさんが持っているけど、ならんかの理由で表出できないふーさんの潜在的なポテンシャル」です。(たぶん、一部は今のふーさんにカブってる部分もあると思います。)

なにやら遠くからふーさんの「そんわけあるかーーー!」という絶叫が聞こえてきそうなのですが、これについては長くなるので、そういうもんだと思ってください!異論、反論は認めません!笑

7.6で受け入れたら、その「イメージの女性像」にふーさんが近くために、「今、出来ること」を探して、実際にそれをやってみましょう!
ポイントは、「”今”の自分が無理なく、簡単にできること」から始めることです。

例えば、「メイクが素敵な女性」なら「メイクを勉強する」→「新しいメイクのアイテムを買う」かもしれませんし、それが難しければ「新しいコスメの情報を探す」、「週に1回Youtubeでメイク講習のチャネンルを見る」となるかもしれません。

ここでは、「それができた自分は思っクソ褒める」「それができなかったら、「しょう~がないようね」自分を責めずに受け入れる」が大切なこととなってきます。

そうこうしているうちに、いつの間にか、ふーさんの自己肯定感と魅力が上がって、気がつけば、ご縁がめぐって、2に書いたような「素敵なパートナー」がいつの間にか出来ているかもしれません!

「理想のパートナーと幸せな結婚生活」をデヘヘ!と妄想しながら、焦らず進んで行きましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございました

Salut !

-無料相談「ココロノマルシェ」

© 2020 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5