自己否定・自己嫌悪 自己肯定感

自分を幸せにしないのは自分。

こんにちは

「自己肯定感は全てを解決する」でおなじみの

村松 いさおです。

「あなたが幸せでない時、それはあなたが受け取っていない時」

という言葉が、心理学の世界ではあります。

本当は幸せになりたいのに、幸せにならないことを自らで遠ざけてしまっている。
そんなことが、あなたの中に起きているのかもしれません。

今日はそんなお話。

 

 

 

 

僕たちは、自分が「幸せになりたいけど、幸せでない時」、その幸せや要求をを外側に求めようとして、色々探してみたり、それを与えてくれる人を見つけようとします。

 

それ自体は、悪いことではなく、むしろ人として当たり前のことですし、そうやって、人との繋がりもできてくるのですが、どういうわけか、せっかくその幸せが見つかっても、「受け取らない」ということが起きてくるようです。

 

例えば、「マリッジ・ブルー」という言葉はよく聞きますが、ずっと憧れて望んでいた結婚生活にも関わらず、いざ「プロポーズされたーー」となった途端、

「待てよ?本当にいいのか?大丈夫か?」

という疑念や不安が湧いてくるということはよくあると思います。

 

他にも

:ずっと望んでいた昇進だけど、いざそのポストにつけると思ったら、なんか自信がなくなってきた

:彼氏が出来そうになった途端、なぜかその人と喧嘩して微妙な距離に。

:大事な研究発表の日に風邪で熱を出す

:本当は母親と仲良くしたいのに、なぜか会うといつも喧嘩ばかり。

などなど。

  

自分で自分の幸せをわざわざ壊してしまう。
手に入りそうになると、なぜか不安になったり、怖くなったりして、逃げ出してしまう

そんなことって・・・・あるよね?

 

そして思うのです
「私って、なんでいつもこうなんだろう」
「俺って、どうして幸せになれないんだろう」

と。

 

それは、あたかも「自分の中に、どうしても幸せにならないようにする悪魔がいる」ような感覚なのかもしれません。

え?よくわらない?

じゃあ、「せっかく焼けた至高のお好み焼きの上からおたふくなソースの缶をブチまけ、盛大にやらかす」感覚なのかもしれません。

え?もっとわらかない?

・・・・すみません・・・。

 

とはいえ、「そーなってしまうのには、そーなってしまう理由があるよね」という見方をすれば、そこにはなんらかの理由があると思います。

まあ、総じて言えば

 

それって、自己肯定感が低いから

 

ということになってしまうわけですが、いくつかその理由が考えられるので、見て行きたいと思います。

 

:罪悪感があるから

毎度、おなじみの罪悪感です。
「こんな悪い私には、それを受け取る資格がない」「幸せになってはいけない」

という「自分は汚れている。悪い奴。やってはいけないことをしてしまった」という罪悪感があると、

「幸せになる権利がない」と思い、自ら幸せになりそうな状況を壊そうとします。

 

:無価値観があるから

これも毎度、おなじみの無価値観です

「私には幸せになる価値がない」「こんな私は幸せになれるかわからない」

という自分をちっぽけに扱い、価値がないものとする無価値観を抱えていると「幸せになる自信がない」「こんな自分には釣り合わない」と思い、幸せな状況がくると、恐れや不安をもたらします

 

:変化したくない

僕らの脳みそは変化を嫌い、安定を求める傾向がある(脳の恒常性機能)ので、それがネガティブな変化であろうと、ポジティブな変化であろうと、自分の生活や環境が大きく変わろうとすると、不安や恐れの気持ちが湧いてきます。そして、その気持ちから逃れるために、これまでと同じ状況や環境に留めようとします。

 

:過去のトラウマ

例えば、「過去に大失恋して傷ついた」ような状況があると、意中の異性とうまく行きそうになっても、そのトラウマが蘇り「本当に大丈夫か?もしこの人からも振られたら、またあの時のように傷つくのではないか」というような気持ちを抱き、その関係性を壊したり、その人に依存的になったり、その人を試すようなことをしてしまいます。過去のパートナーを今のパートナーに投影してしまいます。

 

こうしてみると、

「自分が幸せにならないのは、自分でそれを遠ざけたり、壊したり、逃げてしまったりしているため」と言えそうです。

それぞれの解決方法は、個々の状況やパターンによって変わってくるので、一概には言えません。

 

それでも、

「あなたには、それを受け取るだけの価値がもう在る」

ということを、ちゃんと感じることが大切です。

 

なぜかというと、「相手も、あなたの中にそれだけの魅力や価値をみているから、その提案をしている」からです。
ここでの「相手」というのは、人間だけでなく、動物や、状況、人生だったりします。

ちょっとスピリチュアルが好きな方なら「運命の神様」と言い換えてもいいでしょう。

 

それは、買い物と同じ等価交換のようなものかもしれません。

100万円のダイヤモンドは、100万円の価値があると思うから価格がつけられ、100万円(あるいはそれ以上)の価値があると思った人が、100万円の紙幣を出して買うのです。

 

「あなたは、そうなるだけの価値がある」

「あなたは、それを受け取るだけの魅力や才能がある」

「あなたは、もう幸せになっていい」

「あなたとなら、私も幸せになれるだろう」

そういう、「幸せになる準備ができた人」の前にしか、そういう状況や人はやってきません。

(まぁ、稀に「宝くじに当選」のような、こちらの準備が出来ていないのにやってくる、タナボタ的ビックイベントもありますが・・・・。長くなるので、この話は、また今度)

 

ですので、自分が幸せになりそうな状況や相手に対峙したら、まずは

「私は、この幸せを受け取って良いのかもしれない」

という、「許可」を自分に与えてみてください。

(いきなり「私は幸せになる価値がある」という、「再定義」だと、ショックが大きすぎて、「とてもそんな風には思えない」など心理的な抵抗が出たり、人によっては気分が悪くなったり、罪悪感や無価値観を益々強めることにもなります。ですので、まずは「許可」を与える。それで、どう感じるか試してみる。嫌な感じがしたら、そう思うのをストップして、少しずつ自己肯定感を上げることから始めて行きましょう。)

 

そして、徐々に自己肯定感が上がってくると

「自分にはその資格がある」

「私は幸せになる価値がある」

と思えてきます。

 

そうすると、そのような「幸せになるチャンス」が来た時、きっとあなたは、それを「ちゃんと受け取れる」ようになるでしょう。

 

では、今日はここまで。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです。

 

★近日、より良いセッションをご提供できるよう、カウンセリングスキルとサービスの向上のため、村松勇雄の「無料カウンセリングモニター様」を募集予定です。詳細はブログならびにページにて発表いたします。提案型カウセリングに加え、NLPやイメージワークの要素を取り入れたセッションを、皆様にご案内いたします。
皆様のご協力を、よろしくお願いします。

 

今日の一杯

幸せを受け取るカクテル ブルーバード

幸せのシンボルとして古くから言われる「青い鳥」。カクテル・ブルーバードは、そんな「幸運」なネーミングを持つ青いお酒である。ドライ・ジンをベースに、ブルー・キュラソーとビターでまとめた少し強めのカクテルだが、飲めば酔いの向こうに、あなたの幸せが見えるかもしれない。・・・酩酊という意味でない。

-自己否定・自己嫌悪, 自己肯定感

© 2021 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5