悩んだ時

「違和感」を感じる時。

こんにちは

村松勇雄です

 

「違和感」を感じる時ってあると思います。

 

それは、職場であったり、仕事内容であったり、住環境であったり、周りの人間関係であったり、様々な場所で

 

「なんか、違う感じがする」

「ここは自分の居場所ではない気がする」

「これは、自分にフィットしなくなってきた気がする」

 

そんな「違和感」

 

それまでは、いつも通り、全く気にならなかったのに、

一度気になりだすと、気にし始めてしまう。

 

そんな「違和感」

 

多くの場合、それは

「もう、そこはあなたの場所ではないよ」

という、潜在意識からのサインであることがあります。

(勘違いの場合もあります。笑。ここがややこしい)

 

様々な要因で、あなたが成長すると、

今までフィットしてきたものが、途端にフィットしなくなる。

昨日まで着れていた服が、今日はもう着られなくなるようなものです。

 

逆に言えば、

「もう、違うステージに行きなさいよ」

「もっと、自分にふさわしい場所があるよ」

「もっと、自分らしくいられる環境があるよ」

ということでもあるんです。

 

でも多くの場合、その「違和感」を無視して、囁きのような「サイン」に気がつきません。

人間は「変化」をものっすっごく怖れるからね。

そして、なんとなく「フィットしないなー」と思いつつも、惰性で毎日を過ごしてしまいがちです。

 

また、住環境や仕事内容のような違和感ならまだしも、

職場の人間関係だったり、周りの人間関係、友人関係、パートナーなど人間関係の違和感については、それを感じたととしても、罪悪感や無価値観が邪魔して、「そこから離れる」「新しい場所に行く」ということが中々し辛い。

どうしても「その人たちとの関係性を切る」というようなイメージが付きまとうので、

「申し訳ない」とか

「傲慢だ」とか

「今までのことを仇で返すような事はできない」とか

「義理を果たす」とか

「人情」とか

思ってしまって、中々そこから抜け出せないと思います。

 

まー、本当は、あなたが変化したり、ステージが変わっても、その人たちとの関係性をどうするかは、あなたが「選択」できるので、そんなことはないんだけどね。

「いい人」や「優しい人」は、この傾向が強いんじゃないかなぁ。

 

ただ、例えその時あなたが感じた「違和感」を無視したとしても、それはなくなることはないので、時間が経つに連れて、どんどん大きくなります。

そして最後には爆発する。

あるいは、そのうち、その場所に慣れすぎてしまって、そこから変化する事は益々難しくなってしまいます。

 

金魚は飼育される場所の大きさによって、自らの体のサイズが決まるといいます。

小さい金魚鉢なら小さい体に。

大きな池なら、大きな体に。

それは、無意識的に身につけた防衛の一部なのでしょう。

まさしく、そんな感じ。

 

だから、ちゃんと安全に着陸される意味でも、

「ちゃんと違和感を感じ取る」

ことは、とても大切だと思っています。

 

そして、感じたら感じたで、

「なぜ、そう思うのか」

「どこらへんがフィットしないと感じるのか」

「本当に自分らしい場所ってどこなのか」

という風に、「自分を見つめ直す」ことが、メチャクチャ大事だったりします。

 

もうね、あなたにその服はピッチピチで小さすぎるんだよ。

だから、新しい服に着替えないとだめなんだよ。

ちゃんと着替えないと、体は大きくなってくれないんだよ。

そうやって、新しい服に着替えながら、成長していく。

 

だから、あなたが感じたその「違和感」を、どうか大切にしてやってくださいね。

 

自戒をこめて。

 

今日は短め!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

では。

Salut !!

-悩んだ時

© 2020 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5