失恋 - 回復期 心の学び

「肯定的な意図」という見方

こんにちは
村松 いさおです。

 

僕たちは、自分自身の人生を歩む中で、日々色々なことに遭遇します。

 

その中には、当然、

 

良い(と感じる)こと

だけでなく

悪い(と感じる)こと

も、起きてきます。

 

このブログにおいては、パートナーシップの終わり=パートナーとのお別れなんかもそうでしょう。

 

でも、それは本当に

 

「悪い」ことなのでしょうか?

 

一見、「最悪だ」「もう勘弁してくれ」「やってられない」「もう終わりだ」と感じるような「悪い」出来事でも、ひょっとしたら

 

「もっと良いことに繋がる出来事」だったり、

 

「何かしらポジティブなことが生まれる種」だったりするかもしれません。

 

こうしたこと「出来事」に対するポジティブな捉え方を

 

「肯定的な意図」

 

と心理学の世界では呼んでいます。

 

肯定的=「何かしらの良い意味」であったり、「ポジティブな側面」という意味です。

 

例えば、有名な中国の故事に「塞翁が馬」という言葉があります。

 

どのようなお話かというと・・・・

国境の近くにあった塞(とりで)の近くに住んでいた翁(老人)は、何よりも自分の馬をかわいがっていた。

 

その馬は、周りからも評判が立つほどの駿馬だったが、ある日突然、蜂に刺された拍子に飛び出してしまう。一向に帰ってこない馬の様子に、周りからは翁に同情するほどだったが、翁は「これがきっかけで何かいいことが起こるかも知れない」とだけ言って、我慢強く待ち続けた。

 

すると、どうだろうか。しばらくして、その馬が別の白い馬を連れ帰ってきたのだ。しかも、その白馬も負けず劣らずの優駿で、周りの者は口々に何と幸運なことかと囃し立てたが、翁は「これがきっかけで、別の悪いことが起こるかもしれない」と自分を戒め、決して喜ばなかった。

 

それから、かわいがっていた息子がその白馬から落ちて、片足を挫いてしまった。周りはまた同じように慰めの言葉を掛けたが、翁はまた同様に「いいことの前兆かも知れない」と告げる。

 

それからしばらくして、隣国との戦争が勃発した。若い男は皆、戦争に駆り出されて戦死した。しかし息子は怪我していたため、徴兵されず命拾いした。そして、戦争も終わり、翁は息子たちと一緒に末永く幸せに暮らしたという

 

wikipediaより引用

 

[/st-mybox]

このお話しからもわかるように、人生、誰にとっても、良いことも起きるし悪いことも起きるわけで、何が良くて、何が悪いかは、推し測ることが難しいといえるでしょう。

そして、その出来事が「良い出来事」か「悪い出来事か」というのは、実は僕たちの「枠組み」の中でしかありません。

 

ある人にとっては「最悪」の出来事でも、別の人にとってみれば「最高」なことなのかもしれません。

 

(例えば、「高級ウニ寿司食べ放題」は「最高!」な人もいるかもしれませんが、僕にとっては地獄です。 ←ウニ嫌い)

 

また、同じ人でもそれが起きるタイミングによって、「最高」な時もあれば「最悪」な時もあるでしょう。

 

(例えば、「高級プリンを好きなだけ食べていいよ!」とお腹が空いている時に言われたら、「マジか!あんた神か⁉︎」と小躍りしながら喜ぶでしょうが(← プリン大好き)、焼肉食べ放題にうな重食べて、しこたまお腹がいっぱいの時に言われたら、敵意すら湧くかもしれません)

なので、例えば、「パートナーと別れた」「パートナーに振られた」というような、「人生最悪クラス」の出来事が起きたとしても、ちょっと時間が経って心が落ち着いてきたら、

 

「この出来事、この別れの肯定的な意図は、何だろう?」

 

と考えてみてもいいかもしれません。

 

(もし、あまりに思い浮かばなかったり、「肯定的」という言葉に抵抗があるようでしたら、「もし、仮に、これが何かのチャンスだとしたら何だろう」とか「肯定的な意図というものが、仮にあるとすれば何だろう」と言う風に、「if」で考えてみると良いでしょう)

 

「人生のどのような出来事にも「肯定的意図」があるとしたら・・・」

 

その答えによっては

 

「ああ、だからこんな事が起きたのか!」という発見であったり

「ああ。この出来事が起きたから、今の幸せがあるのね」という恩恵であったり

「ああ。これを気づかせるためなのかもな」という成長のヒントだったり

 

するかもしれません。

 

全ては「あなたが、その事をどのように捉えるか」によって決まるのです。

 

というわけで、今日はこの辺で。

 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです。

 

今日も応援しています。

-失恋 - 回復期, 心の学び

© 2022 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5