失恋 - 回復期

怒ってもいいし、恨んでもいいし、憎んでもいい。

こんにちは

村松 いさおです。

 

 

恋愛サイトとか、復縁サイトとか観ていると、失恋した相手に対して

 

「相手を許しましょう」

「相手に感謝しましょう」

 

とか提案されていることが、度々目にします。

 

まぁ、間違ってはいないと思うんですけど、(というか、とても大切なことなのですが)

 

「少し、言葉足らんよなー」

 

と、いつも思うんです。

 

 

 

僕も、以前は色々な恋愛本とか恋愛サイトを巡回していた時に「お相手を許しましょう」「感謝しましょう」と度々目にして、とても違和感がありました。

 

というか

 

「そりゃ、そーした方がいいだろうけど、それが出来れば苦労せんわっ」

「そうしたいけど、そうできないから、苦しんどるんじゃっ。どーせいっちゅーじゃ」

 

と常々疑問だったんです。

 

 

別れたお相手、失恋したお相手のことを「許す」とか「感謝する」って、とても大事なんですけど、それってタイミングだと思うんです。

 

「いずれね」

「おいおいね」

「出来ればね」

「あなたが、そうしたくなったらね」

 

という言葉が抜けてると思うんです。

 

失恋から回復して、ある程度立ち直って、あなたがその経験を通じて

 

「ああ、わたし(俺)、成長したなー。」

「あの出来事のおかげで、今の私がいる」

「あの出来事は、ギフトだったのかも」

「あの時は、お互い仕方のないことだったんだ」

 

と思えるくらいまでになって、やっと「許し」とか「感謝」って出来ると思います。

 

(自発的にその想いが湧き上がってくるのか、そう想えるように恣意的にしていくか、などありますが)

 

ところが

 

「許し」とか「感謝」とか、失恋直後の「ネガティブ感情」で頭も胸もいっぱいの時に、

 

そんなこと、できるわけねーだろっ

 

って思います。

 

むしろ、

 

「許さなくちゃいけない」

「感謝しなくてはいけない」

 

という想いに囚われると、「それをしなくてはいけない」という想いと、「それができない自分」との板挟みになって、非常に良くない。

 

むしろ、感情を抑圧するようになってしまいます。

 

また、「それが出来ない自分」を責めて、自己嫌悪や自己否定をするようになってしまうこともあります。

 

特に

 

相手にひどいことをされた。浮気された。騙された。DVやモラハラがあった。

 

という風に、明らかに自分が傷ついている時に

 

「許し」とか「感謝」とか

 

ムリだろーーーーーーーー。

 

なので、その段階で「許し」とか「感謝」とか、考えなくていい。

 

むしろ、失恋直後は、お相手に対して

 

怒ってもいいし

 

恨んでもいいし

 

憎んでもいい。

 

色々なネガティブな感情(もちろん、ポジティブな感情もあるかもしれませんが)が、湧き出てくるので、それを、ただ感じることを自分に対して許可してあげてください。

 

「あー、私、めっちゃ怒ってるわー、そりゃそうだよなー」

「あー、あいつ、ほんとムカつくわー、ムカついてもいいよねー」

「あー、私、今つらいなー、悲しいなー。そうだよね。そりゃ辛いよね、悲しいよね」

 

自分の感情がそこにあることを素直に認めて、ただ感じてみてください。

 

おすすめは、心の中の感情の動きを「実況中継」するような感じです。

 

「ああ。私、いま悲しいのね」

「あー、俺、今ムカついてんるんだなー」

 

と、自分の心の感情を、自分で客観視していきます。

 

これができるようになると、「メタ認知」(自分で自分の認知活動=思考や感情、感覚を認知すること)が出来るようになります。

 

これは、自分の感情をコントロールする時にも役立ちますし、「無意識の意識化=これまで無意識的だった行動や思考・感情を意識化する」ことにも役立ちます。

 

 

溢れそうなほど大きな感情であれば、吐き出しましょう。

 

外に出して、スッキリしましょう。

 

※ 参考記事 「失恋したら、まず最初にやること」

 

泣ける映画を観てもいいし、カラオケに行って歌いまくってもいい。

バッティングセンターやボクシングなどのスポーツもいいでしょう。

 

感じた感情を紙に描きまくる、「お恨み帳」をされてもいいでしょう。

 

参考サイト 「お恨み帳の書き方」

 
(ししょーのサイトです。書き方が詳しく丁寧に書かれています。しかもお恨み帳まで販売されています。なんと丁寧!)

 

個人的経験の上でのオススメは

:難しいことを考えないで、感情のままに殴り書く。

(ムカつく!とか、ヒドイ!とか、◯ね!とか)

:出来事や、記憶については書かない。今、感じている感情、出したい言葉のみを書きなぐる。(記憶や出来事を書くと、それが「強化」されるため)

 

縁切り神社などに行っても良いかもしれません。

 

 

怒ってもいいし、

 

憎んでもいいし、

 

恨んでもいい。

 

ネガティブな感情を持つことを、自分に許す。

 

感情は、許可を出して適度に感じるとガス抜きになるので、爆発することがなくなります。

 

溜まる前に出す。

 

便秘と一緒です。笑

 

ずーーーーっと、24時間365日怒ることができないように

ずーーーーっと、24時間365日泣くことができないように

 

感情は出せば収まってきます。「感情はエネルギー」と言われる所以はそこにあるのかもしれません。

 

そうして、感じまくっていると、少しずつ、少しずつ、「自分と感情の間に、スペースができる」ような感じになってきます。

 

そのスペースが徐々に大きくなるイメージ。

 

それと同時に、「余力」みたいなものが生まれてきます。

 

今まで、感情を感じること、感情を出すことに使っていたエネルギーが、「余力」に変わり始めます。

 

そうして、少しずつ、少しずつ、心の回復に向かっていくのです。

 

怒ってもいい。

 

憎んでもいい。

 

恨んでもいい。

 

その先に、「許し」と「感謝」があります。

 

というわけで、今日はこの辺で。

 

あなたの幸せのヒントになれば幸いです。いつも応援しています。

 

では、また。

-失恋 - 回復期

© 2022 その 向こうの 景色 Powered by AFFINGER5